読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぎしお後輩のひまじんにっき

ポケモンやいろんなことをただ書くブログ。 twitter:@negishiojunior5

【ポケモンサンムーン】 メガラグラージ 考察 【新たなる世界】

 

こんにちは、ねぎしお後輩です。

何カ月か振りの記事更新ですね。

久々すぎてどんな体で始めていいかわかりませんが、

適当でええやろの精神でやります。

 

そういえば新学期が始まりましたね。

皆さんの新生活はどんな感じですか?

是非とも順風満帆な、そして自分のやりたいことに対して

ちゃんとした成果を発揮する

そんな一年を過ごして欲しいと切に思っていますよ。

とはいえ成果を発揮するのには

決してスマートな道のりで無くてもいいのです。

例えばEminemの楽曲の一つである「Lose yourself」のように

泥臭く、それでもチャンスをモノにする精神で

頑張ってもらいたいですね。

因みにLose yourselfはとても素晴らしい楽曲ですので

聞いたことが無い人はぜひググってみてください。

 

さて、どうでもいい話はここまでにして。

今度開催されるポケモンの大会

ポケモンジャパンチャンピオンシップス2017」の

参加者プレゼントにホウエン御三家のメガストーン配布が

決まったそうですね。

この一報に私とてつもなくわくわくしてしまい

思わず「おぉ。。」と気味の悪い声を発してしまいました。

スマホの画面相手にね。

とはいえ長らく待ちわびたこの瞬間に声が出てしまうのも

至極当然、予定調和で当たり前。

ようやくメガラグラージを三度扱うことができるのです。

今回はそんな期待を胸に抱いたメガラグラージの考察記事です。

 

 

☆「メガラグラージ」というポケモンとは?

 

 

f:id:negishiojunior1999:20170404083134p:plain

 

見て下さい、最高にかわいいでしょ?

そして逞しさすら兼ね備えてる、素晴らしいポケモンです。

 

 私の一番好きなポケモンである「ラグラージ」が

6世代にて新たなる力「メガシンカ」を手にした姿です。

ラグラージとは3世代の御三家の一体で、

タイプはみずじめん

そのため弱点がくさしかありません。

因みにポケモンORASではラグラージ単騎での攻略が可能なので

周回プレイを考えている方にはおすすめです。

 

通常時の種族値

・H100

・A110

・B90

・C85

D90

・S60

という高い攻撃、高耐久、鈍足と

戦車を彷彿とさせるいい種族値ですね。

5世代あたりでは鈍いオボン型や

鉢巻きアタッカー型。

そして今ではステロあくび搭載の昆布型がメジャーな

役割どころだったのではないかと思います。

 

そして、メガシンカ後の種族値

・H100

・A150

・B110

・C95

・D110

・S70

という形になります。

攻撃の種族値が40増え、

防御、特防も上がっています。

これに加えメガ後の特性が「すいすい」に変わり、

天候が「雨」ならば素早さが2倍になります。

これにより多くのポケモンを上から叩く事が可能になり、

メガ前では見れなかったポケモン

状況次第では狩ることができるようになりましたね。

6世代では天候の弱体化の影響により

メガでの運用よりかは前述で触れた

昆布型のほうが使われていた印象ですが、

それでも強力なポケモンの一体でした。

今作ではメガシンカの仕様が変わり

以前まではメガシンカした最初のターンの素早さは

メガシンカ前の素早さが反映されていたのですが、

今作ではメガシンカしたターンの素早さが

そのままメガシンカ後の実数値に反映されるという

事実上の強化を得ました。

(この説明なに言ってるかわからないでしょ?私もわからないです)

そのため、前作よりも使い勝手がぐぐーんと良くなったのです。

そんな強くなったメガラグラージくんの考察です。

 

メガラグラージの考察例

 

ラグラージラグラージナイト

性格:いじっぱり

努力値:H252 A140 B6 D28 S84

技:たきのぼり/冷凍パンチ/じしん/馬鹿力orエッジ

 

HAベースのメガラグラージくん。

抜きエースというよりかは、サイクル戦を意識した結果

耐久寄りの構成にしました。

性格は準速でも素早さラインは確保されていることから、

少しでも攻撃面を底上げするためにいじっぱりです。

Sは雨下最速スカーフ70族抜き、残った努力値はBとDへ。

以前ORAS時代に投稿したメガラグラージはAにぶっぱ

していましたが、役割対象をみるとAに割かなくても

ある程度動けそうだと思い、この調整にしました。

Sを148振りにして、雨下最速スカーフ80族抜きでもいいかもしれません。

技は滝登り、冷凍パンチ、地震は確定欄で

残りの1枠は自由となっています。

パーティに合わせてってやつですね。

因みに冷凍パンチと馬鹿力は過去作教え技なので

気をつけましょう。

運用についてですが、抜きエースではないため

火力に過信は禁物です。

あくまで雨サイクルを回しつつ有利不利を見極めていく感じで。

 

 

・ダメージ計算

【与ダメージ】

たきのぼり(天候が雨の場合)

・B4振りカプ・テテフ

→ダメージ: 145〜172 割合: 100%〜118.6%の確定1発

  →(H28B132振りの場合確定2発)

・H4振りメガリザードンX

→ダメージ: 108〜127 割合: 70.1%〜82.4%の確定2発

・B4振りガブリアス

→ダメージ: 121〜144 割合: 66.1%〜78.6%の確定2発

・H180振りメガガルーラ

→ダメージ: 118〜139 割合: 58.1%〜68.4%の確定2発

★じしん

・H252ギルガルド(シールドフォルム)

→ダメージ: 138〜164 割合: 82.6%〜98.2%の確定2発

・H4振りメガリザードンX

→ダメージ: 180〜212 割合: 116.8%〜137.6%の確定1発

★冷凍パンチ

・H196B4振りメガボーマンダ(威嚇無し)

→ダメージ: 156〜188 割合: 80%〜96.4%の確定2発

  →(威嚇込みの場合ダメージ: 104〜124 割合: 53.3%〜63.5%)

・H212B4振り霊獣ランドロス

→ダメージ: 140〜168 割合: 73.2%〜87.9%の確定2発

 

メガラグラージくんのお友達(相性のいいポケモン)

組ませるポケモンの代表例はいわずもがな

ニョロトノ」、「ペリッパー」などの

特性「あめふらし」を持つポケモンでしょう。

前者のニョロトノは6世代でメガラグを使う際、

最もベーシックな相棒でしたね。

おそらく7世代でもそれは有効な

選択肢の一つだと思います。

一方のペリッパーは今作で強化されたポケモンの一体。

雨下での一致ドロポン、ぼうふうはとてつもない火力で

第1シーズンでもそれが発揮されました。

また、ラグラージとのタイプ補完も良く、

期待のできる組み合わせだと思います。

自分はとりあえずペリッパーと組ませて

対戦していきたいと思います。

他には月光乱舞ができるクレセリア

ラティアス、両壁を搭載したカプ・コケコなんかもいいかもしれませんね。

 

☆感想

久しぶりのポケモン考察、

というより久しぶりにポケモンのことを考えました。

最近対戦、育成共々のモチベが上がらず、

別ゲーに走っていましたが、メガラグ解禁の報で

じわじわとモチベが復活してきました。

これでしばらくは生きていけると思います。

とはいえ、ラグラージは面白いポケモンですね。

言わば中堅を地でいくポケモンを貫き通していると思います。

また、それと同時にまだポテンシャルは秘めていると思いますので

皆さんも考察をしてみて、是非使ってみてください。

 

さて、今回のかわいいラグラージくんの考察は

ここらへんで終わります。

ご閲覧ありがとうございました。

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も勝つ!